2021-03-23

RMS として良く知られるリチャード M. ストールマンは長い間フリーソフトウェアコミュニティの危険な実力者であり続けてきました。彼は不当かつ深刻な嫌悪、とりわけ女性嫌悪主義、障害者差別主義、トランスジェンダー嫌悪主義を示してきました。フリーソフトウェア、ディジタル権、テックコミュニティの中にこのような信条の居場所はありません。フリーソフトウェア財団 (FSF) 理事会への彼の復帰に際して、我々は FSF 理事会全員の退任および RMS がすべての指導的地位から解かれることを求めます。

我々署名者一同は、ディジタル自治の必要性と基本的人権を保護する上でユーザの自由が果たす強力な役割を信じています。ソフトウェアの自由が可能にするすべての約束を実現するために、コミュニティ内に抜本的な変革が必要なのです。我々はすべてのテクノロジーが人々に抑圧でなく、力を与える現在と未来を支持します。これはテクノロジーがその最も基礎的な水準から、我々の権利を尊重して構築される世界でのみ可能なことです。リチャード M. ストールマンはこれらの理念を種々の形で広めましたが、我々のために語ったのではありませんでした。我々は彼の行動や言動を見過ごさないし、彼の指導や今日のフリーソフトウェア財団の指導を承認しません。

RMS の言行不一致に対しても人々は寛容を示してきました。しかしもはや我々は一人の人間が我々の仕事の意味を台無しにさせるままにはできません。我々のコミュニティに RMS のような人物の居場所はなく、もう彼の行為に苦しめられたり、指導的役割を与えたり、彼自身や彼の有害かつ危険なイデオロギーを許容しつづけることはありません。

我々はフリーソフトウェア財団理事会全員の退任を求めます。 彼らが長年 RMS に権限と力を与えてきました。彼が FSF 理事会に再び加わるのを許可したことでもそれは明らかです。RMS がフリーソフトウェア、技術倫理、ディジタル権そしてテックコミュニティから退く時がきたのです。彼は我々が求める指導を果たせないのですから。我々はまた、リチャード M. ストールマンを GNU プロジェクトを含むすべての指導的地位から解くことを求めます。

我々はそうすべき人々がフリーソフトウェア財団への支援を止めるよう強く求めます。FSF と RMS の関わるプロジェクトへの貢献を拒否してください。FSF が主催したり、RMS や彼の不寛容という烙印をむしろ歓迎するようなイベントに登壇したり参加したりしないでください。フリーソフトウェアプロジェクトのコントリビュータは、自らのプロジェクト内にある偏見や憎悪に立ち向かってください。これらを実行している間、これらのコミュニティと FSF にその訳を伝えてください。

RMS の公になった問題行為のうちいくつかの詳細を用意しました。署名者の一部にはメールのスレッドやビデオに残っていない私的な RMS の逸話や彼との会話経験があります。どうか公開されたものを読んで、彼が我々のコミュニティやその他にどれほどの悪影響を与えたか考えてみてください。

署名をするには、digitalautonomy at riseup.net にメールを送ってください。